ネズミがいると衛生面に問題がでる【ネズミ駆除で取り戻す清潔感】

ネズミによる実害

鼠

日本ではあまり耳にすることはありませんが、ネズミは非常に獰猛で怖い動物なのです。残飯などやゴミを漁ることがあるネズミですが、それ以外はあまり被害がないと安心してはいけません。ネズミの被害は残飯だけでは済みません。一般的にネズミは非常に警戒心が強く、人間の気配を感じ取って逃げることが出来る非常に賢い動物です。しかし、ほとんど自分で動くことが出来ない寝たきり状態の老人や生まれたばかりの赤ちゃんはネズミに対して抵抗する術を持ちません。そのようなほとんど動くことが出来ない人間に対してネズミは肉に噛み付いてかじることもあります。日本国内でも毎年数件はこのようなネズミ被害が報告されていて、小さい傷である場合や噛まれた部分や噛まれた範囲が大きかったりすると傷跡が大きく残ってしまうこともあるのです。このような事故を事前に防ぐために自宅でネズミを見かけたら出来る限り早い段階でネズミ駆除を専門業者に依頼しましょう。

ネズミに噛まれてしまうとただ怪我をしてしまうだけでは済まない場合があります。ネズミは不衛生な環境で過ごすこともあり、様々な雑菌を保有しているのでネズミに噛まれてしまうと鼠咬症などの病気を引き起こしてしまうのです。ネズミが持つ雑菌が傷口などに入り込むと肺炎、肝炎、胃潰瘍などを発病してしまうのです。このような問題もあるのでネズミ駆除は行なわなければならない重要な駆除作業なのです。ネズミ駆除を行なうのであれば、後処理や今後ネズミが侵入しないように対策をしてくれるようなネズミ駆除業者に駆除依頼を行ないましょう。